1月14日、読売テレビ開局55年記念ドラマ『お家さん』(年内放送予定)の制作記者会見が都内で行われ、主演の天海祐希(46)、俳優の小栗旬(31)らが登場した。

 本作は、明治から昭和にかけて神戸に実在した砂糖問屋「鈴木商店」を世界的な総合商社へと発展させた女主人(天海祐希)と番頭(小栗旬)の奮闘を描いた物語。

 本ドラマで初共演となる天海と小栗。小栗の印象について、天海は「共演する前は真っ直ぐひたむきで、クールな外見に似合わず熱いものを持っていると思っていましたが、その印象は今も変わらないです」とべた褒め。対する小栗も「ドカッと現場にいてくださるので、走り回っていたらケツをふいてくれそうな、懐の大きい方です」と天海の人柄の良さを明かし、お互いに絶賛しあっていた。