ロッテ『ACUO』では松坂桃李(25)と共演、アメリカンホームダイレクトや救心製薬『救心』、三菱地所ホームなどなど、何かとテレビCMで見かけることの多い“さわやか系”美女。女優として活動中の小澤真利奈(28)だ。

名古屋市出身で、弟はプロサッカー選手の小澤竜己(25)。2000年に舞台『GIRL’s TIME』でデビューし、その後も舞台や映画、テレビドラマで活躍。水嶋ヒロ(29)の3年ぶり俳優復帰作としても話題の映画『黒執事』(1月18日公開)にも出演しているという。

「私はドラッグ中毒者の役で、血まみれになるシーンも。特殊メイクで身体中に血管を浮かべるなど異様な状態でした。剛力彩芽さん(21)が特殊メイクで臨むシーンでは、スタッフの方が『小澤入りまーす!』と冗談で言って笑っていたそうです」

体当たりで挑んだ撮影では、こんなエピソードも……。

「大柄な黒人男性と絡み合うことになったのですが、本番以外でも、ものすごく激しくて。相手は日本語も話せないし、今までそうした役の経験もなかったので戸惑いました(笑)。少し怖かったですけど、体当たりで演じましたよ!」

苦労秘話も笑顔で答える小澤。CMから映画まで、今後もいろんな一面が見れそうだ。

関連タグ: