1月20日、PRイベント「『森永甘酒』40周年記念イベント」が都内で行われ、お笑いコンビ・ホンジャマカの石塚英彦(51)が登壇した。

 同日は、暦の上で最も寒いとされる“大寒”にもかかわらず、石塚はおなじみの半袖にオーバーオール姿で登場。石塚は「ずっとこれできちゃっているので、“寒い”という感覚が無い!」とキッパリ。つづけて「一応、日本の四季は感じていますよ。デブ暦では、まだ残暑です」とコメントし、会場の笑いを誘った。

 また、同イベントで設置された足湯に入ると、「あったまいう~!」と甘酒を堪能しながら、満足気に商品をPR。しかし、寒空のもと足湯に浸かった上に、濡れたままステージに戻ったため「初めて弱音を吐いていいですか…寒い!」と思わず本音をもらした。

 さらに、若さの秘訣について問われると「無理をしないこと。やりたいことをやるだけ」と明かし、会場を訪れた観客にアドバイスした。

(撮影/河崎文雄)