2月28日、週刊『ロビ』創刊記念イベントが都内で行われ、フリーアナウンサーの高橋真麻(32)と俳優の高橋英樹(70)父子が登壇した。高橋真麻は今年1月に一般人との破局を公表したばかり。破局について真麻は「基本的にポジティブですし、大丈夫です」と話し、笑顔を見せた。

 また、結婚願望について問われると、「高橋英樹の娘で、メディアの仕事をして3枚目もやっている。ただでさえ“重たい”のに『結婚したい』『子どもが欲しい』と言っては、(相手の)男性に負担がかかり過ぎてしまう」と慎重な様子。あくまで“自然体”で恋愛したい考えだと話した。一方、父・英樹は「父親としては早く孫を抱きたい気持ちはあるけれど、取り立てて意識するものでも無いと思う」とコメント。「(真麻が)元気でいてくれれば」と父親の一面を覗かせた。

 新しい恋について問われると、真麻は「“ご縁があればいいな”くらいのスタンスでいようと思います。早くいい方に巡り逢って、親孝行できれば」と語り、次の恋愛に前向きな様子を見せた。

(撮影/桑原 靖)

関連タグ: