『ごちそうさん』で主役・め以子の次男“かっちゃん”こと活男を演じた西畑大吾くん(17)。じつは、関西ジャニーズJr.内のユニット「なにわ皇子」のメンバーとして活躍している。そんな“かっちゃん”がインタビューに答えてくれた。

――『ごちそうさん』でドラマ初出演ですね。出演が決まったときはどう思いましたか?

「もともと演技に興味は全くなくて、演技の勉強もしたことがなかったんです。出演の話があったのは、放送が始まって1カ月後。それまで1ファンとして見ていたので、『こんな国民的ドラマに、僕なんかが出ていいんですか!?』って。視聴者だったのが出演者になって、不思議な気分でした」

――西畑くん演じる活男の戦死の知らせに母・め以子(杏)が苦しむ様子を見て涙した『ごちそうさん』ファンは多いと思います。

「最初に脚本を読んだとき、ああ、活男は死ぬんかあ、って。収録が進むにつれ、家族のみんなを悲しませるのがつらくて、脚本書き換えてって言いたかったですもん。僕なら、絶対に(志願して戦地に)行かない。『かっちゃん、なんで行くねん!?』って、心で叫んでいました。この役を演じるまで、戦争がこんなに人の自由や希望を奪っていくものだとは、知らなかった。昔だったら僕はやっていけなかったんじゃないかなあ。そう思うと、かっちゃんはすごいなって」

――関西Jr.としても活躍中です。この春の舞台の見どころは?

「『ごちそうさん』を見た人は、僕がジャニーズだと知らない人も多いですよね。今の舞台(『関西ジャニーズJr.春休みスペシャルコンサート2014』大阪松竹座にて3月25日まで)では、学ラン着て乳首をさらけ出して、バカな応援団をやっています。歌ありダンスありお笑いありでフルコースになっています。気合入れて、笑いもスキルにしていければなと思います」

――役のために丸刈りにした髪の毛も伸びてきましたね。

「今がいちばん中途半端な感じ。伸びるのにあと2カ月はかかるかなあ。最初に丸刈りにしたとき、関西ジャニーズJr.のみんなに、すごくからかわれました。僕の顔って、平成顔だと思っていたのに、丸刈りにしたとたん、思いっきり昭和顔やん!って。でも僕の頭はビリケンさんと同じくらい福を呼ぶので、みんなが触りにきます(笑)」

関連タグ: