4月7日、離婚報道で注目されている中山美穂(44)が、12年ぶりに連続ドラマで主演することが報じられた。ドラマのタイトルは『プラトニック』(NHK‐BSプレミアム・5月25日スタート)で、シングルマザー役だという。
“私生活とダブる役柄”とも報じられているが実際、夫・辻仁成(54)との間でも、息子Aくん(10)との今後の生活について、話し合いが進められているようだ。

 パリ在住の中山・辻夫妻の友人は次のように語る。
「現在、パリにいる美穂さんと辻さんは、おもにLINEで連絡を取っています。辻さんは『子供のためにも僕たちは別れない方がいい』と、説得を試みていたのですが、美穂さんの離婚の意志は、予想以上に固いそうです。復縁を願っていた辻さんも、最近は弱音を吐くようになりました。彼は『離婚しても息子は僕が育てますから』と、主張するようになったそうです」
 
 辻が、息子との生活を続けることに、そこまでこだわるのには、“ある理由”があるのだという。
「辻さんは、南果歩さんとの離婚の際、息子さんの親権を南さんに渡しましたが、いまもそのことを後悔しているのです。今回の美穂さんとの離婚協議についても『前のような間違いは二度と繰り返さない。もう息子を手放すのは嫌だ』と、言っています。しかし美穂さんも親権を譲る気はないようですし、話し合いは長引きそうです」

 中山の主演ドラマがスタートする5月25日までに、2人の間で結論は出るのだろうか――。

関連タグ: