5月8日、森永乳業の新商品「PREMiL」のCM完成発表会が都内で行われ、女優の真矢みき(50)が登場。16年ぶりとなるショートヘアを披露した。

 宝塚時代以来のショートヘアという真矢は、「昨年切って、16年ぶりくらいです。男役に戻っちゃうのかと思いました。来年また(宝塚を)受けて老けた受験生でもしようかな」とジョークを交えてコメントしつつ、「ドラマで長かったので自分らしくしたくて。十分個性的かもしれませんが、個性的になりたいんです。もっと自分らしさを出していきたい」と力強く意気込みを語った。
 
 この日、同商品のイメージに合わせたホワイトの衣装で登場した真矢。自身の衣装について「乳白色が好き。乳白色のような色の人でいたいです」と語ると、「酸いも甘いもいろいろ経験させてもらって、そういうのが混ざってこの色になっていたい」と大人な価値観を明らかにした。

(撮影/小山伸正)