「橋田さんが『書き続ける自信をなくした。もう筆を置きたい……』と周囲に想いを漏らしているそうです」(テレビ局関係者)

 社会現象にまでなったNHK朝ドラ『おしん』や大河ドラマ『おんな太閤記』『春日局』など、数々のヒット作を生み出してきた脚本家の橋田壽賀子さん(89)。彼女が、最近になって“絶筆”を決意。それに伴い、人気ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)にも、ついに終了の危機が訪れているという。
 
「現在、放送中の『なるようになるさ。』の不振が原因だそうです。シリーズ2作目として4月からスタートしていますが、視聴率が惨敗続き。橋田さんは『視聴率が悪いのは脚本が悪いから』と思うようになり、プライドが折れてしまった。『シリーズ物はもう書けない。単発ものについても当分は休みたい……』と漏らし始めているそうで、その結果として『渡鬼』もやめるという話になっているんです」(橋田さんの知人)

『なるようになるさ。』(TBS系)は、シーズン1では平均視聴率12%越えと健闘していたが、今作は初回9.4%、その後も7%台を推移するなど苦戦続きだ。それが絶筆発言につながったようだが、これに大慌てなのが放送元のTBS。実は、局では年内に『渡鬼』の新作を放送予定だったのだ。危機感を抱いた幹部は、橋田さん翻意のため奔走しているという。

TBSに聞くと「絶筆についてはお聞きしておりません。続編の放送についても未定」という答え。そこで、本誌は橋田さんの真意を問うべく、静岡県熱海市内にある自宅へと向かった。自宅近くのスポーツジムから出てきたところで真相を聞いてみると、彼女はこう答えた。

「引退したいですよ。でも、させてもらえないでしょうね。シリーズものはやりたくない?はい、そうですね。でも、明日のことはわかりません。『渡鬼』終了についても、まだ先のことなので。今はプロデューサーの石井ふく子さんたちと相談しているところ。TBSの言うとおりにします。『やれ』と言われたら、やりますよ。『渡鬼』スペシャルも年内には仕上げなければなりません。宇津井健さんは亡くなりましたが、次はお父さんが亡くなった後の話を書きたいと思っています」

 引退への思いは常に持ちつつも、周囲の期待になんとか応えなければ……という橋田さんの思いが強く伝わってきた。絶筆の決意を撤回し、彼女は再び『渡鬼』の脚本に取り組むのだろうか――。

関連タグ: