5月21日、映画『女子−ズ』プレミアム試写会が都内で行われ、女優の桐谷美玲(24)、有村加純(21)、山本美月(22)、藤井美菜(25)、高畑充希(22)が登場。相手を罵倒するシーンを有村にアドリブでお願いしたという福田雄一監督は「『潰すからな』と言っていて、すごいことを言うなぁと本当に面白かった」と有村の意外な一面を暴露した。

 本作で戦隊ヒーローを演じた感想について、桐谷は「最初は女子だけの戦隊モノってどうなんだろうと不安でしたが、本当に面白い作品ができました」と話し、初めて戦隊スーツを着たときを「思わずポーズをとっちゃうほど嬉しかったです」と笑顔で振り返った。

 最後には桐谷が「何にも考えずに観られる作品です。本当にゆるい世界観でつくられていて、ところどころに女子あるあるが詰まっているので、そこにも注目して見てほしい」と作品をアピールし、締めくくった。

映画『女子−ズ』6月7日より全国ロードショー

(撮影/小山伸正)