7月4日、「ハリウッド・コレクターズ・コンベンションNo.4」 開催記念イベントが都内で行われ、人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のメルル・ディクソン役で知られる俳優のマイケル・ルーカー(59)が登場した。

 今回が日本初来日だというマイケルは、「日本の食べ物は本当に美味しいね。昨日はフグの刺身を食べたけど、どうやらこの魚には毒があるらしい。けど僕は死ななかったよ」とジョークを飛ばし、会場を笑わせた。

 「ハリコレ」はこれまでに有名ハリウッドスターを誘致しファンとの交流の場を提供してきたが、今回予定されていたエドワード・ファーロング(36)の来日が急遽中止。「突然の個人的な事情により来日を中止せざるを得なくなり、私自身大変残念であるとともに、ファンの皆様に申し訳なく思っております」と、謝罪のコメントが寄せられた。