8月21日、東芝の生活家電新製品発表会が都内で行われ、今回新しく広告キャラクターに起用された俳優の大泉洋(41)とタレントの優香(34)が出席した。大泉ははじめ、「どえらく緊張した。なんとも言えない、かたい雰囲気ですね」と会場の空気にたじろいでいたものの、終始ハイテンションで会場を盛り上げた。

 大泉は「このイメージキャラクターになるために生まれてきた男です」とひと言。「子どものころから母に言われてきた。母が生きている間に見せたかった……。まあ、生きていますけどね」とジョークを飛ばしながら、就任した喜びを語った。

 続いて、スマートロボットクリーナーの製品紹介では、自由な発想で製品をアピール。外出先からでもスマートフォンを使って室内を確認できる機能に、「奥さんや旦那さんの浮気もバレますよ」と自己流の使い方を提案するなど、満足気だった。

 さらに、ドラム式洗濯乾燥機の洗濯槽「マジックドラム」と同じ素材のボードに、「ゆうか&よう」の相合い傘を書き、それを水でかき消すという実験も行われた。「消されるのも寂しい」という大泉を尻目に、キレイに洗い流し、優香は「気持ちいい!すぐ消えました」とご満悦。大泉は「2人の相合い傘が……」と悲しげにボードを見つめていた。

(撮影/鈴木健一)

関連タグ: