8月28日、仮面ライダー新シリーズ『仮面ライダードライブ』(10月5日スタート、テレビ朝日系・毎週日曜8時〜)の制作発表会が都内で行われ、主演の竹内涼真(21)、内田理央(22)らが登壇。竹内は「一年間全力で挑みます」と意気込みを語ると、新ライダーの変身アクションを披露。

 若手俳優の登竜門ともいえる仮面ライダー役に選ばれた竹内は「小さいころから仮面ライダーが大好きで、仮面ライダーになりたくて芸能界に入ったのですごくうれしいです。おじが仮面ライダーオタクなのですが、報告したら泣いて喜んでくれました」と初々しい笑顔で主演の喜びを語った。

 同作では禁じ手ともいえる“車”をモチーフに、史上初バイクに乗らない仮面ライダーとして登場する竹内。仮面ライダーの相棒となるスーパーカー「トライドロン」を前に竹内は、「乗り心地はそんなに良くないですが、見た目がかっこいいので気に入ってます」と率直にコメントをし、笑いを誘っていた。

(撮影/鈴木鍵一)