8月28日、女優・小沢真珠(37)が元気な女の子を出産。まさにその前日、彼女は妊娠10カ月のお腹を抱えて本誌の取材撮影に応じてくれていた。

 2月末に結婚した旦那さんは8歳年下の歯科医師。知人の紹介で出会ったそうだが、当時は年下というだけでドキドキしていたと笑って話す。

「初めて買ったCDが安室奈美恵さんと聞いただけで、ジェネレーションギャップがあってステキ!みたいな(笑)。いままで年上の人としか付き合ったことがなかったので、すべてが新鮮だったんです。さすがに、いまは年齢の差を感じることはなくなりましたけど」

 いつも明るく甘え上手なところもあるという旦那さん。思ったことはすべて口に出す、素直な一面も。その一方通行(!?)は、一大決心して挑んだはずのプロポーズにも……。

「家で普通に食事をしているときに、『結婚しよう』って何度か言われたことがあって。私はドラマの見すぎなのか、やりすぎなのか、ケーキを食べたら『ガリッ』って指輪が出てくるような劇的なプロポーズを想像していたので、軽く受け流しちゃっていたんです。彼のなかでは思い切って言っていたみたいなんですけど、私がそれに気付かずなかなか返事をしなかった」

 けれど、そんな日々のなかで“この人と結婚するのかも”という気持ちが次第に芽生えていったそう。

「以前は、『仕事一筋で何が悪いの?』みたいな気持ちだったんです。17歳から始めた仕事が人生になっていたので。いろいろな仕事に挑戦していくうちに、母親になることで人間として幅が広がるのかな、という思いを持ち始めた時期でもあったんだと思います」

 思いが固まり、晴れて結婚。出産、子育てについての不安や心配はなかったという。

「何が起こるかわからない、みたいな経験はいっぱいしているので(笑)。もともと、人生や仕事において何かあっても『やってやるぞ』という気持ちがどこかにあって。出産はまったく違うことだと思いますけど、もうやるしかない!という感じです」

 理想の母親像は?

「私の母親は、3食しっかり作って毎日掃除もして……という完璧な主婦だったんですけど、そうはなれなさそうなので、私らしく、楽しく子育てできればと思っています。『頼りない未熟なママですけど、頑張りますのでよろしくお願いします』と赤ちゃんに伝えたいですね」

 おめでとうございます!

関連タグ: