9月2日、四季劇場[秋](港区・浜松町)において、劇団四季ミュージカル『マンマ・ミーア!』が開幕した。

 本作は、1970年代を代表するポップグループ“ABBA”のヒットナンバー22曲で構成された作品。ギリシャの小さな島を舞台に結婚騒動と母娘の愛情物語が、耳馴染みのいいABBAの楽曲にのせて展開されていく。既存の楽曲を並べて一つの物語に仕上げる「ジュークボックスミュージカル」の先駆けと言われる。

 1999年、ロンドンで世界初演を迎え、以降、世界400都市以上で上演。今では累計観客動員数が5,400万人に達する。四季による日本公演においては、2002年の東京初演以降、全国9都市で計2,656回、242万人を動員。

また4月には、四季版CD《『マンマ・ミーア!』劇団四季版スペシャルエディションCD(ユニバーサルミュージック)》も発売された。
 
主人公のドナ・シェリダンを演じる樋口麻美は「ABBAのヒット曲に乗せて、母娘の絆や友情、恋、様々な感動をお届けします。カーテンコールでは、ぜひ私たちと一緒に踊ってください」とコメントを。

※写真は舞台稽古時のもの。

関連タグ: