10月14日、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』先行上映舞台あいさつが都内にて行われ、俳優の向井理(32)、片桐はいり(51)が登壇した。

 本作は、両親を亡くしてから一軒家でずっと一緒に暮らす弟(向井)と姉(片桐)の姿を描く物語。

  向井は「はいりさんはご覧の通り自然体。作っているわけでも天然ということでもなく、素でそこにいられる強さは見習わなくてはいけないなと思います」と絶賛。片桐も「私が一人でしゃべって勝手なことをやってもこの優しい目で見守ってくれています。多少めちゃくちゃなことをしても、割と拾って救ってくれる。助かる弟です」と語った。

 『小野寺の弟・小野寺の姉』は、10月25日より全国にてロードショー。

(撮影/鈴木鍵一)

関連タグ: