10月27日、「食と観光との連携による地域食材魅力発信事業」の記者発表会が東京・霞が関の農林水産省で行われ、女優の木村佳乃(38)が出席した。

 同事業は全国のホテルや旅館、飲食店などの観光業界と農水省とが連携し、地元食材の消費拡大を目指すもの。昨年からイメージキャラクターを務める木村は、「食べること、旅行することが大好き。日本の素晴らしい食文化、観光の魅力を、心を込めて伝えていきます」と意気込んだ。

 また、西川公也農林水産大臣から栃木県の梨『にっこり』をプレゼントされると、「初めて好きになった食べ物が梨。甘くてみずみずしい」と笑顔でコメントした。

(撮影/桑原 靖)

関連タグ: