1月26日、都内で『第47回ミス日本コンテスト2015』が行われ、14人のファイナリストから東京都出身のシンクロナイズドスイミング元日本代表・芳賀千里さん(22)がグランプリに輝いた。

芳賀さんは現在日本体育大学に在学中。シンクロナイズドスイミングの日本代表選手に選出されるも、けがにより引退。今回のミス日本には母親の薦めで応募したという。グランプリが決定した瞬間、感激の涙を流しながら「今年一年、本当に苦しいことばかりでした。勇気を出して応募して、13人の候補生に支えられ今日を迎えることができました」と振り返り、「ミス日本としてふさわしい女性に、そして私の笑顔で幸せになっていただける女性になりたいと思います」と決意を述べた。

同コンテストは1950年に第一回が開催され、これまでに女優の藤原紀香らを輩出してきた。今年のテーマは“行動する新日本美人”。全国2426人の応募の中から勝ち残ったファイナリストたちは水着、ドレス審査や、自己PR、質疑応答を行った。

グランプリ以外では、準ミス日本に埼玉県出身の東京大学医学部・秋山果穂さん(21)、「水の天使」に神奈川県出身の白百合大学・柴田美菜さん(19)、ミス着物に広島県出身で横浜国立大学の倭早希さん(やまと・さき/21)、「海の日」は愛知県出身、早稲田大学の大河南都子さん(20)、ネイチャーに代わり今年から新設された「みどりの女神」には静岡県出身で東京農業大学・佐野加奈さん(20)が選ばれた。

(撮影/小山伸正)

関連タグ: