1月27日、茨城県の非公認ゆるキャラ・ねば~る君が都内で開かれた自身の初写真集『納豆の妖精 ねば~る君のネバネバ日記』(ワニブックス)の発売記念イベントに登場した。縦に勢いよく伸びたり、よく喋ることでここ最近人気急上昇中のねば~る君。一方で、同じく非公認ゆるキャラ・ふなっしーの“パクリ”と影で囁かれていることについては「全然違うねば。梨と納豆の違いもわからないねばか」と違いを強調した。

 ねば~る君は“パクリ”に関する質問に対し怒りをあらわにしつつも、ふなっしーのことは「尊敬してるねば」という。ただ実際に2人が顔を合わせたことはないそうで「ぜひ会ってお話ししたいねば」と対面を希望した。

 また、いまだに非公認である点を突っ込まれたねば~る君は「自分が県知事になって自分で自分を公認するねば。それがいちばん早いねば」と発言。「2年前に茨城県庁に行ってお願いしたねばが、茨城県はそういうの難しそうだねば」と現状を明かした。

(撮影/河崎文雄)