「囲み取材でのカメラマン数では、錦織選手は、シャラポワやナダルら世界のビッグネームと完全に肩を並べていました」(現地・テニス関係者)

 世界ランキング5位で全豪オープンに挑んだ錦織圭(25)。開幕直前の1月18日、大会スポンサーを招いたパーティにトップ選手たちが顔をそろえた。会場に現れた錦織は、シルクの白いシャツにストライプの柄入りの黒いベスト、黒のレザーパンツ姿。

「錦織選手は、どの服を着てパーティに出席するのかを直前まで専属のスタイリストと相談していたようです。私服では、モノトーンが好きな彼の好みが優先されたようです」(前出・現地テニス関係者)

世界のトップ選手となると、そのパーティファッションにも注目が集まる。

「男子選手はシンプルなシャツにジャケット、女子選手はワンピースやドレス姿が多かったですね。なかでもわりとカジュアルだったのが、錦織選手と同じく白いシャツに黒いパンツ姿だったナダル。違いがあったのはその足元。ナダルはオーソドックスに黒の革靴を合わせていました。しかし、錦織選手はあえて白のスニーカーという、コーディネートをしてきました。彼は、パーティファッションのトレンドの白のスニーカーを、いち早く取り入れていたのです」(別のテニス関係者)

この錦織の“エア・ケイ”コーデに、パーティの出席者たちも大注目!

「錦織選手のこの“組み合わせ”には、パーティ慣れしているほかの選手たちや、出席していた関係者たちからも、“ケイは意外と大胆だね”という感嘆の声が上がっていました。彼はテニスでも妥協を許さしませんが、ファッションに関しても手を抜かないようですね」(テニス誌記者)
 
コート外の姿も、今後は要チェックです!