「いまサーファーに一番人気のある店で、木村さんの姿もよく見ます」(客の1人)

 2月10日の午後2時過ぎ。渋谷区内のサーフショップに笑顔で入っていく、木村拓哉(42)と工藤静香(44)夫妻の姿をキャッチ!

 木村は、首元をネイティブアメリカン風のアクセサリーが飾る濃紺のシャツに、カスタムの継ぎはぎジーンズというファッション。店に入ると、サングラスを外して熱心に商品を見始めた。

「木村さんは買い物に夢中でしたね。工藤さんは、店内の喫茶コーナーに座り、店のスタッフと談笑していました。木村さんは買い物に迷うと、静香さんを呼んで、『なあ、これとこれのどっがいい?』と聞いていました。静香さんが『これ』とアドバイスすると、木村さんはとても嬉しそうでしたよ。また少しすると木村さんが静香さんの所に行って話し込む。そんなことを2~3回、繰り返していたんですよ。本当に仲が良い夫婦なんだなあって、感心してしまいました。ガラス張りのお店で、外を通るOLが木村さんに気付いて、びっくりしていましたね」(居合わせた客)

 2人はもともとサーフィンが共通の趣味だったことで愛を育んだ。結婚15年目となる節目の年、そんな“サーフィン愛”はいまだ健在のようだ。