2月14日、バレンタインデーに婚約したレディー・ガガ(28)。お相手は11年から交際している俳優のテイラー・キニー(33)。キニーから贈られた婚約指輪は約6千万円とも報じられている。

「ガガのミュージックビデオに、キニーが出演したことがきっかけで交際が始まりましたが、当時のキニーは“ほぼ無名”で、あまりの格差から2人はすぐに別れるだろうと見られていました」(アメリカ在住の音楽関係者)

 交際当初は“ヒモ恋人”とも揶揄されていたキニーだが、12年から出演しているテレビドラマ『Chicago Fire』シリーズが大ヒットし、収入も激増している。

「いまや1本当たりのギャラが2千400万円ほどになっており、1シーズン23話ですから、全部で5億5千万円にもなりますね」(アメリカのテレビ局関係者)

 キニーのブレイクは、ガガとの交際で知名度がアップしたおかげもあるようだ。

「ガガは、テレビ出演時などおりにふれて“『Chicago Fire』ってドラマ、すごく面白いよ”と、恋人のためにPRし続けていたのです」(前出・テレビ局関係者)

ガガほどのセレブであれば、結婚にあたっては“契約書”を作り、離婚しても財産分与を最小限にしようとするのが通例だが、ガガは「契約書なんていらない」と、言っているという。それほどキニーにぞっこんなのだ。

だが有頂天に見えるガガにも大きな悩みが……。

「キニーはモデルを務めるほどルックスが良いだけではなく、“人気とカネ”も手にしました。それだけにガガは“恋人が浮気するのではないか”と、心配しているのです。疑心暗鬼が募るあまり、キニーにはないしょで、ドラマのロケ現場に突然やってくることもあるそうです。キニーと女性の共演者やスタッフとの間に怪しい様子がないか監視しているわけですね」(前出・音楽関係者)

関連タグ: