「希(まれ)ちゃんの“地道にコツコツ”っていう性格が、私にはないものなので(笑)。求められている希ちゃんは、今の自分の演技じゃできない、どうしよう、って思いました」

 そう語るのは、NHK連続テレビ小説『まれ』で、ヒロインの子供時代を演じる松本来夢ちゃん(9)。8歳のときにスカウトされ、これまで、映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』や、ドラマ『相棒 season13』(テレビ朝日系)などに出演。これからが期待される新人子役だ。

「だから、現場でその違和感を消していくしかないなあ、って。出演者のみなさんと一緒に作業していくなかで、最後は希ちゃんになれたと思います」

『まれ』は、石川県・能登出身の津村希が世界一のパティシエを目指す物語。

「今回、初めてケーキ作りをやって、クリームを塗ったりとか、練習しているうちに上手になっちゃって。でも、撮影では失敗しなきゃいけなかったので、製菓指導の辻口博啓さんにも「失敗するのを頑張って」って言われました(笑)」

 そんな来夢ちゃんに、希との共通点を聞いた。

「私、今日の予定とか明日の予定とか、詳しく手帳に書いていつも持ち歩いていて、そういうところは希ちゃんに似ているかも(笑)。持ち物も当たり前のものまで全部書いておかなきゃダメって思うし、家を出る時間もちゃんと書くし、定期券もケースの中身を確認して『ヨシ!』って言って、バッグに入れています」

関連タグ: