女装家でタレントのミッツ・マングローブ(39)が9日、自身初の自叙伝『うらやましい人生』(10日発売)の刊行を記念して、本作のカメラマン下村しのぶ氏による写真展『ミッツ・マングローブ』の取材会を開催。「男」時代の貴重な写真も掲載されている同書を手に過去を振り返り、マツコ・デラックス(42)との思い出などを語った。

 発行日の4月10日に40歳の誕生日を迎えるミッツ。同書について「私のくだらない40年間がおこがましく詰まっている本です」と説明し、これまでの人生を「はみ出していることはちゃんと自覚した上で粛々と生きてきました」としみじみ話した。

 また同じ女装家のマツコ・デラックスとの「最悪だった」出会いについても告白。「トイレに行こうとしたら道を塞いでいて、何だ、このデブ、ふざけんなよって」と当時を振り返った。今ではミッツにとって「女装を武器に戦って行く仲間、戦友」だというマツコは現在、テレビで引っ張りだこの人気者に。その状況に「おかしいと思う、狂っていますよ、日本は」とコメントした。

(撮影/河崎文雄)