高橋ジョージ(56)から逃れて大阪の超高級マンションで暮らしている、妻の三船美佳(32)。

4月中旬の夕方。マンションから派手な装いの女性が出てきた。同居している三船の母親、喜多川美佳(66)だ。
 
高橋の“モラハラ”が原因とされる、今回の離婚騒動。だが今年1月、高橋は本誌の取材に、「本当の原因は婿×姑問題なんです」と語っている。“黒幕”と名指しされた喜多川は、これまで一度もマスコミに口を開いてない。

 喜多川が歩き出したところを直撃すると、予想してなかったのか、顔がこわばった。何を聞いても、「すいません」を繰り返す喜多川。だが核心の質問をぶつけると、表情が変わった。

 ――ジョージさんは本誌に、「家を建てた際、お義母さんともめたのが原因」と話しています。これは事実ですか?
「……いやあ、それは意味がよくわかんない」

 ずっと目をそらしていた彼女が、この瞬間だけ、記者の目を見た。“言いたいことは山ほどあるが、裁判中だから言えない――”。そう目で訴えているようだった。

 ――ジョージさんに、いま言いたいことは?
「いえいえ~、どうぞ、お気を付けて!」

“天敵”への痛烈な皮肉なのか――。