4月22日、法務省で新たに設立された「矯正支援官」の委嘱式が都内で行われ、歌手の浜崎あゆみ(36)、EXILEのATSUSHI(34)らが出席した。

 矯正支援官は、刑務所や少年院などの矯正施設を慰問し、受刑者の更生を支援する活動を行う。任期は2年間。特別矯正監を務める俳優・杉良太郎(70)の呼びかけによって集められた。

 15歳から慰問活動を行っている杉は「一番骨の折れる仕事。誠心誠意つとめなければ、受刑者の人たちの記憶に残らない。それだけに大変な仕事を引き受けてくれて感謝しかない」と語った。

 これを受け、浜崎は「はじめての経験ですので、まずは施設の現状や更正後の問題だったりをしっかりと学びながら、私にできることを務めさせていただきたい。身の引き締まる思いです」とコメント。

来月に北海道・綱走刑務所への慰問が決定しているATSUSHIは「自分の歌を通してどういったメッセージを伝えていくべきか、その責任を果たしていきたい」と意気込みを語った。

(撮影/江口明裕)

関連タグ: