4月23日、サントリー「ウイスキーアンバサダー」に就任した俳優・堤真一(50)が東京ミッドタウンに期間限定でオープンする「ワールド ハイボール ミッドパークカフェ」のイベントに登場した。

 NHK連続ドラマ『マッサン』では、サントリー創業者・鳥井信治郎氏のモデルとなった鴨居欣次郎を演じた堤。アンバサダー就任を機に山崎蒸溜所を訪れたことを明かし、「建物に入ったときの麦の香りがすごかった。空気感に感動しました」とウイスキーの魅力を語った。

 新緑に囲まれた中で7種類の世界5大ウイスキーを楽しむことのできる同カフェ。「薄暗いバーで飲むのもいいけど、こうやって明るい太陽の下で楽しむものいいですね」と笑顔を見せ、「乾杯!」とハイボールを楽しんだ。

(撮影/小山伸正)