5月6日、俳優の瀬戸康史(26)が、自身主演の舞台『夕陽伝』のヒット祈願イベントに出席し、東京・新宿の花園神社でおはらいを受けた。

俳優集団D-BOYSの舞台『Dステ』の17作目にあたる今作は、日本最古の歴史物語『古事記』が題材。約3年半ぶりのDステとなる瀬戸は、この日、ウィッグをかぶった長髪姿で登場した。

今年で俳優生活10周年を迎える瀬戸は「役者を続けてこれたことを幸せに思う。10年目は節目の年ですが、個人的には変化の年。僕が演じる海里のように、型にはまらない生き方をしたいですね」と目標を語り、「プライベートでも交流を増やしています。特にプランはありませんが、恋も経験したい」と大胆宣言した。

10月22日(木)から11月1日(日)まで東京・サンシャイン劇場にて、11月21日(土)から22日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される同作。瀬戸は「見やすい作品になると思います。ぜひ劇場に足を運んでくださいね」とアピールした。

(撮影/桑原靖)

関連タグ: