ドラマ『戦う!書店ガール』(関西テレビ・フジテレビ系)で、眼鏡をかけ真面目だけど不器用な書店員・三田孝彦役を熱演している千葉雄大(26)。今回、知的な雰囲気をかもし出している彼に質問!

――今回のドラマのWヒロイン、まっすぐな年下・亜紀(渡辺麻友)と、周囲を見る年上・理子(稲森いずみ)。どちらがタイプ?

「最初はずっと理子さんと答えていたんですけど、意外と亜紀ちゃんは付き合ったら一途なんじゃないかなと。年齢も関係するかもしれませんが、理子さんは『いいよ、いいよ』って遠慮されてしまう感じで、不安になりそう」

――年上の女性に惹かれたことがあるそうですが?
「年上だから惹かれるということはなくて。その人はすごく自然体だったんですね。お姉さんっぽい感じや、年上だからどうこうっていうのがなかった。恋愛に年齢は関係ないと思います。といっても、あまり経験はないんですけど」

――撮影の現場はどんな感じ?
「稲森さんにデコドンする(おでことおでこをくっつける)シーンがあったりして、現場では『三田きゅん』と呼ばれることも。でも僕自身も『千葉きゅん』と呼ばれることがあるのであまり違和感はないです(笑)。言葉数が少なく、はっきりしない三田きゅんはちょっとじれったいんですよ。演じていて、めっちゃしゃべりたくなるというか。個人的にはいつか爆発するときがきてほしいと思っています」

 いろいろな人の恋愛模様が描かれているこのドラマ、どの恋が成就するのか注目!

関連タグ: