《今年 25年目の記念日に“母親にウェディングドレスを着せてあげたい”という子供達の熱い思いがあり「家族だけの結婚式」を行う事になりました》

 銀婚式を迎えた6月8日にハワイ挙式していたことを、ブログで報告した薬丸裕英(49)。

彼が石川秀美(48)と結婚したのは90年6月。会見を開いた2人は、すでに彼女のお腹に妊娠6カ月の赤ちゃんがいることも発表。薬丸は「(挙式は)今年中にしたい」と語っていた。だがその後も、結婚式は行われなかった。薬丸はブログでこう続けている。

《私達夫婦は25年前色々大人の事情やアイドル同士の結婚でお互いの事務所関係者にご迷惑をおかけしたという事もあり結婚式を挙げずに入籍だけで夫婦になりました》

 いったい何があったのか。2人を知る音楽関係者は、こう振り返る。

「当時はアイドル同士の恋愛はご法度で、結婚など認められる時代ではなかった。2人の結婚発表はファンの反感を買い、双方の事務所には『ファンをやめる!』といった手紙も殺到したそうです。2人ともこれからという時期でしたから、周囲は騒然となりました」

 だからこそ、挙式の自粛を決意した薬丸。その後、石川は5児を出産。薬丸も仕事が忙しくなったことで、いつしか挙式の約束は忘れ去られようとしていた。だが、彼の胸にはずっと心に秘めていた思いがあったようだ。当時を知る芸能関係者がこう明かす。

「石川さんのお父さんは、彼女が小学校4年生のときに交通事故で他界しています。薬丸さんは結婚するときに石川さんとお墓を訪れ、天国の義父に花嫁姿を見せると約束していたんです。会見のときに挙式予定を語っていたのも、その思いがあったから。その後もなし崩し的になってしまいましたが、彼はいつか実現させたいと思い続けていました」
 
そして訪れた結婚25年の節目。子供たちの後押しを受けたことも手伝って、薬丸は「やるなら今しかない!」と決断したのだ。薬丸はブログの最後をこう締めている。

《妻はとても綺麗でした》
 
ようやく果たすことができた挙式の約束。天国の義父も、さぞかし喜んでいることだろう。