玄関先で、走り去る車に向かって手を振っていたのは松本幸四郎(72)夫妻だった。車内にいたのは松たか子(38)の夫でギタリストの佐橋佳幸(53)、そしてベビーシートには今年3月下旬に生まれたばかりの松の長女が。幸四郎夫妻は、婿・佐橋と孫を見送っていたのだ――。

 本誌が彼らを目撃したのは6月10日夜のこと。この日は松の38歳の誕生日だったが、実家に彼女の姿はなかった。

「出産からわずか2カ月あまりですが、松さんはすでに“仕事復帰”しています。彼女は7月6日から国立劇場小劇場で公演される舞台『かがみのかなたはたなかのなかに』に出演予定。すでに稽古に入っているのです」(舞台関係者)

 誕生日当日も稽古が夜まで行われ、誕生会どころではなかったようだ。歌舞伎関係者は言う。

「松さん夫妻のマンションと実家である幸四郎さんの自宅は、徒歩5分ほど。松さんが仕事中は、赤ちゃんは佐橋さんが面倒を見るか、ご実家に預けているのです。佐橋さんが1人で赤ちゃんを連れていったり、迎えにいったりすることも多いとか。以前だったら想像もできなかったことですが……」

松と佐橋が結婚したのは’07年12月。バツイチで15歳も年上の佐橋と愛娘の結婚に、幸四郎は大反対だった。2人の交際中に本誌が取材したときにも「冗談じゃない、(結婚なんて)ありえませんよ!」と怒りの感情を露わにしていたほどだ。

「結婚後も佐橋さんは、義父・幸四郎さんが怖かったようで、まるで松さんの陰に隠れるようにして接していました」(前出・歌舞伎関係者)

 そんな佐橋の地位を劇的に向上させたのが、ベビー誕生だったのだ。

「お孫さんが家に来ているときには、自分の出番の幕が下りると、15分ほどで楽屋を出て帰宅するのです。よほどお孫さんが可愛いのでしょうね。佐橋さんも、たとえ松さん抜きでも、幸四郎さんの家で夕食をごちそうになったりしているそうです」(前出・歌舞伎関係者)

女優復帰した松を支えているという“じじ&パパ育児同盟”。結婚以来ずっと父と夫の関係を心配していたという松も、長年の悩みが解消し、安堵していることだろう。 

関連タグ: