「兄(勘九郎)の舞台に対する姿勢。芸に対して真摯に向き合い、危機感をもってやっているのがすごいと思います。兄は、一生懸命で明るいイメージがあるけれど、すごく繊細で。常に全力投球でしたけど、コントロールすることを父(勘三郎)に教わって。今は大丈夫だと思いますけど、無理はしないでほしいですね」

 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第41回のゲスト、歌舞伎役者・中村七之助さん(32)。東京・浅草で兄弟だけで初めて行う「平成中村座」を終えた数日後、歌舞伎座の稽古場にて、もともと付き合いのある中山と男同士、語り合いました。

中山「七之助さんは友達も多いのでは?」

七之助「いや、そんなに多くないですよ。ただ、一人一人との付き合いが深いです。皆さんが知っている芸能人の友達っていうと、松本潤、松田龍平くらいかな。高校の同級生なんですよ。潤は家も近くて」

中山「嵐がデビューする前からですか。マツジュンはよく家に来ていたそうですね」

七之助「僕がいなくても、なぜかうちでダンスのビデオを見ているっていう(笑)。うちに稽古場がありますから、稽古がしたかったのでしょうね。今も覚えているのが、当時、学校の廊下で潤が『オレ、嵐ってのになるんだよ』と言っていて。今だったら全然変じゃないですけど、SMAPやV6のイメージだったので、『嵐?』って(笑)。しかも『ミュージックステーション』に出るというので、見たらとんでもない衣装で出てきて、潤に会ったときに『何あの格好!』って笑ったらすごい怒っていました(笑)。ほかでもちょっとバカにされたようで、『ちくしょう、今に見てろ!』って」

中山「なるほど、今の嵐を作った礎ですね」

七之助「『平成中村座』にも2〜3回来てくれました。うれしいですね」

中山「友達とは違いますが、勘九郎さんは兄であり、歌舞伎仲間でもある。兄弟の距離感というのはどうなんでしょう」

七之助「『ライバルですか?』『先輩ですか?』とよく聞かれますが、僕にとっては、お兄さんであり、仲間。仕事が一緒だと仲たがいしてしまうこともありそうですけど、本当に仲のいい兄弟という感じです」

中山「演劇って点数のつくものでもないし、評価するのは他人。自分で自信をつけていくしかない仕事だと思うのですが」

七之助「そうなんです。だから、自分が好きか好きじゃないか、とか、『これは』と思うものを信じてやっていかないとダメなんじゃないかな、とは思いますね」

関連タグ: