「離婚してからの1年間はあっという間でした。おかげさまで仕事も忙しかったですし、離婚前のように悶々と悩んで眠れないとか、そういったこともいっさいなく、楽しく過ごさせていただきました」

 昨年6月23日に、布川敏和(49)と離婚したつちやかおり(50)。23年間の結婚生活では長男で俳優の隼汰(22)、長女でモデルの桃花(21)、次女の花音ちゃん(14)の3人の子供に恵まれた。現在、つちやは花音ちゃんと生活している。彼女が語った、離婚から1年の生活は――。

「皆さんが考えているより、彼、敏和さんとの行き来はいまも多いんです。子供たちの仕事の相談や、学校行事については、LINEでのやり取りが多いですね。彼からは《桃花に、こんな仕事のオファーがあったけど、どうしよう?》とか、私からは《花音の運動会が○日にあるけど、見に来る?》とか、そういう話です。離婚にいたるまでは10年も悩みました。同じ家にいても夫婦がギクシャクしていましたし、いがみ合ったりすることも多かったんです。それが離婚と同時に、わだかまりもすべてなくなり、とてもスッキリした感じです。離婚適齢期というのでしょうか、とってもいい形で離婚できたと思っています。そういう意味では、敏和さんとは以前よりも仲がいいです。復縁!? それはありません!」

つちやには現在、恋人がいる。都内で割烹料理店の店長を務めていた男性だ。

「年齢は私と同じ50歳、優しい人なんです。離婚会見に臨むにあたって、彼に相談すると、『自分の気持ちを、全部伝えてきなさい』と、後押ししてくれました。彼とは、ずっといっしょにいたい気持ちはあります。彼は最近独立して、新しい店舗を探しているところです。今回ということではありませんが、将来的には彼の故郷で“いっしょにお店をやってもいいね”と話しあっています。もともと私も料理を作ることが好きで、昔は1人でも料理店をやりたいと考えていたんです。子供たちから手が離れてしまったら2人だけになってしまいますし、まぁ一石二鳥といいますか。だから(割烹料理店店長の)彼を選んだというわけでもないのですが(笑)。食品衛生責任者の資格も取得しています。将来の計画というよりは、『いつかそういう生活もいいね』という漠然とした夢という感じでしょうか」

関連タグ: