6月中旬の午後5時過ぎ。仕事を終えて都心のビルから出てきたのは、米倉涼子(39)。

 黒の帽子に黒のブラウス、ワインカラーのロングスカート姿。一緒にいたマネージャーは駐車場へ向かい、米倉はひとりで近くのベーカリーに入って行く。

 狭い店内でトレーを手にすると、真剣な表情で選んでいる。明太子パンにチーズ入りのパンなど、あれこれ迷った挙句に7個も購入。パンの入った袋を2つ手にした米倉は、1つをマネージャーにお裾分け。残る1袋を手にすると、事務所の車に乗り込み、帰路に着いた――。

 新婚用に借りた超高級マンションを引き払い、以前のマンションに戻って一人暮らしを再開した米倉。

「1人でいると、『やっぱり結婚は向いてなかったのかな』とか、あれこれ考えてしまうようです。なので周囲は、なるべく1人にしないように気を遣っています。徐々に仕事も増やしていくようですが、いまの彼女は、夫の束縛がない“再独身生活”を楽しもうとしています。たまに仕事があった日の夕食などは、自分で料理せず、総菜パンで済ませてしまうこともあるそうですよ」(テレビ局関係者)
 
パン3つの寂しき“独り身”夕食――いや、誰のためにも夕食を作らないでいい日々を、いまの彼女は心から楽しんでいるはずだ。

関連タグ: