「この4年間は、ずっと積み上げてきたというか、どんどん階段を上っていく感覚だったんです。でも、デビュー5年目の今、ここで少し隣のビルに行ってみて、1階からまたスタートしてみてもいいんじゃないかなって。これまで構築したもの以外のところで挑戦することが、今回の課題であり、楽しみでもあるんです」

 そう語るのは、新ドラマ『恋仲』でフジテレビの月9に初主演する福士蒼汰(22)。’11年にデビューしてから、これまで連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)のほか、映画『神さまの言うとおり』(’14年)『ストロボ・エッジ』(’15年)などの話題作に出演してきた。今回のドラマではどんな彼が見られるのだろう?

「僕が演じる葵くんは、基本的に優しくて、平和主義者だから、自分の意見を押し通すこともあまりない。仕事を始めたころの自分と似てるかなあって、共感できる部分もありますね」

 昨年出演した『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)では、福士の“壁ドン”が日本じゅうの女性をトリコに、胸キュンさせたが……。

「なにげない仕草とか、何も考えずにやった動作が、そう受け取られるようになったらいいのかなって(笑)。さりげないけど印象に残る。そんなシーンを作っていけたらいいなと思います」

関連タグ: