「藤原さんの相手役!?って、それはもう、めちゃくちゃ驚きました(笑)。緊張して、でも、うれしいっていう気持ちがいちばん大きかったですね」

 そう語るのは、藤原紀香主演のドラマ『ある日、アヒルバス』(NHK BSプレミアムにて日曜22時〜)で、紀香扮するヒロイン・浅倉葉月の元恋人を演じる、三代目J Soul Brothersの山下健二郎(30)。

「藤原さんの相手役にはプレッシャーがありましたが、監督から、『腹をくくって臨め』と言われ、それはそうだ、切り替えようって思って。役者・山下健二郎でこの作品に臨んでいます」

 演じるのは、葉月が勤めていた出版社の同僚・並木浩介。7歳年上の葉月にプロポーズして、失敗したという設定だが、今年で30歳になった山下の結婚願望は?

「まだ、全然、考えられないです(笑)。でも、実際、プロポーズするときがきたら、タイミングと、場所と、いろいろ研究して。浩介のように、女性の心がわからず、お互い思い合っているのに、すれ違ってしまわないように。そういう意味では、このドラマは、勉強になります。『こんなことは言っちゃダメだぞ』って(笑)」

 彼が結婚相手に求めるものとは?

「年齢も、素敵な女性であれば、まったく問題ないですね。明るくて、笑顔が素敵で、何かに一生懸命、打ち込んでいる人が好きですね」

関連タグ: