「韓国に来る前の僕は本当にへなちょこでした(笑)。何に対しても自信がなくて……。韓国についてもまったく知りませんでした」

 とにかく自分を変えたいという強い思いから、単身韓国へ向かったというタクヤ(23)。

「最初のうちは何をするにも言葉が通じない……。通訳を介すとダンスのレッスンが遅れてしまったり、メンバーとの意思疎通がうまくいかなかったりと、もどかしさが常にありました。とにかく言葉を覚えなきゃってレッスンの合間をぬって勉強も頑張った。デビューまでは目の前のことをただがむしゃらにこなしてきた感覚でした」

 2年間の練習生活を経て’12年6月、日中韓混合グループ“CROSS GENE”のメンバーとしてデビュー。その2年後の昨年7月、タクヤに転機がやってきた。韓国在住外国人が自国と韓国について討論するバラエティ番組に抜擢。日本代表としてレギュラー出演が決まり、知名度が急上昇した。

「街で多くの人に声をかけられるようになりました。仕事も増え人気の実感が湧きました!」

 さらに今年3月、ドラマ『THE LOVER』でラブロマンスを披露し、一躍時の人となった。

「トーク番組でもドラマでも、僕を通じて日本人や日本文化について知ってもらいたいです。今後も僕にしかできないことをしていきたい」

 と、これからの夢について力強く語った。

関連タグ: