《家族が増えた喜びでいっぱいです》と喜びの言葉を綴ったのは、堺雅人(41)との間に第一子となる男の子を出産した菅野美穂(37)。一部報道によると夫の堺も出産に立ち会ったようで、所属事務所のHPでこうコメントしている。

《出産が、こんなにも痛みをともなうものだということを、今回あらためて妻におそわりました。(中略)よく作品づくりが「産みの苦しみ」にたとえられますが、おなじようなことができるか、僕には全く自信がありません》

ちなみに堺主演のNHK大河ドラマ『真田丸』は、まもなくクランクインとのこと。出産がこの“絶妙なタイミング”になったのは、堺の“妻子への強い思い”があったためだという。

「菅野さんの妊娠発表があった今年5月、堺さんサイドから『クランクインを少しだけ遅らせてほしい』という相談があったそうです。通常、大河のクランクインはお盆前後。しかし堺さんは『初産なので出産に立ち会いたい』と漏らし、それまでは気が気でないとのことでした」(NHK関係者)

 妊娠発覚以降、超多忙ななかでも妻を献身的にサポートしてきたという堺。そんな彼の“懇願”に、NHKも快くスケジュールの相談に応じたようだ。

「1~2週間の“延期”であれば、特に支障もないですからね。NHKとしてもおめでたいことだからと、最大限の配慮を見せた。制作発表会見が出産の話題で賑やかになってくれれば、局としても嬉しいですしね(笑)。そのため今年は例年より遅いクランクインとなったそうです」(前出・NHK関係者)

 そんな堺の願いどおり、撮影前に晴れて長男が誕生。夫が見せてくれた粋なはからいに、菅野は感謝の気持ちでいっぱいに違いない――。

関連タグ: