10月スタートの『5→9~私に恋したイケメン過ぎるお坊さん~(仮)』(フジテレビ系)で、初の月9主演が決定したのは石原さとみ(28)。劇中で“モテ女”を演じる彼女は、山下智久(30)扮する東大卒の“イケメン僧侶”から猛アタックされる。

そんな彼女を目撃したのは、8月下旬。世間が夢中になっている石原だが、この日は都内にある自然食品専門店で買い物をしていたのだ。

「この店は、マクロビオティックの愛好家に信奉されている有名店です。常連客には吉本多香美さんなどの女優もたくさんいて、石原さんもお見かけします」(常連客)
 
本誌が目撃したときも、彼女は笑顔を浮かべて玄米食品を手に取っていた。

これまでファッション誌で「石原さとみ流・くびれの作り方」を明かすなど、“美”に対して人一倍ストイックな姿勢を持っている彼女。その美貌を保つため、自分に課している“掟”があるという。

「食事に気を遣っている石原さんは、自炊が基本。そして必ず食べているのが “酵素玄米”なんです。そして、食べるときは30分以上咀嚼する。『消化を助けるから』と、絶対に実行していることだそうですよ」(芸能関係者)

 管理栄養士で服部栄養専門学校講師の田中信晴さんは、こう解説する。

「玄米は白米にくらべ、糖質の代謝を助けるビタミンB1が約5倍で、便秘に効く食物繊維も約6倍。血流をよくするビタミンEも白米より多い。それらに酵素が加わることで、代謝がよくなる美肌効果、脂肪が燃えやすいのでダイエット効果も期待できます。石原さんが実践しているという“30分咀嚼”もダイエットには効果的といえるでしょう」

“モテ期”を呼び寄せたのは、妥協なきマクロビ生活だったのかも――。

関連タグ: