image

1月下旬の夜。都内の高級焼き肉店で、金髪で大柄な男性と、大きな瞳のモデル系美女が、仲よく焼き肉を食べていた。一見ふつうのカップルだが……じつはこの2人、仮装すると超有名人なのだ!

 

女子プロレスラーのダンプ松本似(失礼)の男性は、セカオワこと「SEKAI NO OWARI」でピエロの仮面をかぶっているDJ LOVE(30)。モデル風美女はグラビアアイドルの浦えりか(29)。バスト85・Eカップの浦はグラビアだけでなく、女子中高生に人気の男装アイドルグループ「風男塾(ふだんじゅく)」の一員でもある。

 

この日、浦は仕事を終えると住宅街にあるマンションに帰った。しばらくすると、素顔のDJ LOVEと浦が、一緒に近所の焼き肉店へ。ドラゲナイ(セカオワの『Dragon Night』から生まれた流行語、意味はない)な“焼き肉ナイト”を過ごすと、2人でマンションに帰り、日付が変わっても出てくることはなかった。

 

「2015年、ある芸人のライブの打ち上げに、DJ LOVEと浦が連れだって来ていた。みんなに『つき合ってるのか?』と聞かれ、否定はしなかった」(芸能関係者)

 

歌番組では何もしていないように見えるDJ LOVEだが、「じつはセカオワの音楽を作っているのは彼といっても過言ではない」(音楽関係者)。にもかかわらず。モテないキャラだった。「彼はプロレスと漫画、フィギュアが好きなオタク。部屋はグッズだらけ」(同)。2014年にはラジオで「1週間で彼女にフラれた。その彼女とはプラトニックな関係だった」と告白している。

 

しかし!そんなDJ LOVEにも女神が現われた。浦はプロレスオタクで、アイドルと並行して女子プロレスラーとしてリングに上がっていたこともある。

 

「交際は1年ちょっと。プロレスの話で仲よくなった。セカオワのメンバーやスタッフも公認の。真剣交際だ」(DJ LOVEの知人)

 

本誌は写真の日以外にも、昼食のため外出し、また並んでマンションに帰る2人を目撃している。本誌の取材に双方の事務所は「プライベートは本人にまかせています」と答えた。気になるのは2人がゴールインしたら、結婚式は素顔で……それとも、式でもピエロの仮面?

 

(FLASH 2016年2月23日号)

関連タグ: