image

新入社員の歓迎会と週末が重なった4月1日夕方、六本木交差点付近は、人波でごった返していた。そのなかをモスグリーンのカーディガンに真っ白のパンツ姿で颯爽と歩いていたのは女優・中谷美紀(40)だった。

 

この日、彼女はパルコ劇場で公演中の舞台『猟銃』のゲネプロを終えたばかり。翌日に初日を控えた彼女が入っていったのがエステ店だったのだ。実はこの店、最近の彼女のお気に入りだという。

 

「中谷さんのお相手をしているのは、うちの専属スタッフです。特に酸素カプセルを気に入ってくださっていて、ふだんは1時間ほど酸素カプセルに入ってから、アロマオイルマッサージなどを受けてくださっています」(エステ店の関係者)

 

店のHPによれば、酸素カプセルにはダイエットや美肌の効果もあるというが、さらにそのなかでセリフを覚えるのが中谷流だという。施術を終え、彼女が店を出てきたのは、なんと3時間後だった――。

 

後日、本誌記者も同店に潜入取材した。店内はホテルのように高級感があり、“落ち着けるサロン”といった雰囲気だ。中谷が愛用しているという酸素カプセルも1時間体験。静かに酸素が流れてくる感じだが、ほとんど音もなくリラックスできるため、台本を読み込むには最適の空間かもしれない。高濃度の酸素を吸うと、記憶力がアップするという実験結果もあるという。

 

またスタッフの応対も申し分なく、オイルマッサージの際は、絶妙な力の込め具合で、終了後は肌もツルツルに!だが3時間はかなり長い。記者には半分の1時間半でも十分に感じたのだが……。今年1月に40歳の誕生日を迎えた中谷。彼女は人生の節目を前に、大きな決断を下している。昨年7月末に、デビュー以来24年間所属してきた大手芸能事務所から独立したのだ。

 

「独立の陰には、15年間交際していた渡部篤郎(47)との別れもありました。2人は同じ事務所に所属していましたが、破局により彼女は渡部を残して、独立することにしたのです」(芸能関係者)

 

2月下旬にはスポーツ紙が、渡部が今夏、元ホステス女性と再婚すると報じている。3時間にもおよぶ“不惑の女磨き”には、女優としても女性としても輝いて、元恋人を見返したいという気持ちもあったのだろうか。芸と肌を磨き続ける彼女の新ステージに注目したい。

関連タグ: