image

「キレイなお母さんがいるな、と思ったら真木さんでした。家族3人で嬉しそうに入学式に参列していましたよ。ただ、真木さんといえば昨年、離婚報道があったと思ったんですが……」(保護者の1人)

 

4月中旬の朝、都内の有名私立小で入学式が行われた。黒のコートに黒のスカート、黒いヒールと黒づくめの格好で学校に向かっていたのは女優・真木よう子(33)。ナチュラルメークで、急ぎ足で学校に向かっている。彼女に離れまいとついていくのは彼女の長女(6)だ。ところが、その2人の隣には長身の男性の姿が。真木の元夫・片山怜雄(34)だった。娘の帽子やランドセルを持ち、真木や娘と笑顔で話す姿は、幸せな家族そのものだが、真木と片山は昨年9月に離婚している。

 

「2人は’08年、デキ婚で結ばれました。もともと片山さんは俳優でしたが、結婚を機に廃業。小説家を志してリリー・フランキーさんに弟子入りしたんです。でも、これといった仕事もなく、本も1冊も出さずじまい。稼ぐのは真木さんだけでした。結局、娘は真木さんが引き取って離婚したんです」(芸能関係者)

 

しかし、離婚直後の昨年10月、真木が引き取ったはずの娘を、元夫の片山が幼稚園まで送る姿を、本誌は目撃していた。そして今回の小学校入学式も3人で――。

 

「昨年も映画やドラマに出ずっぱりの彼女は、愛娘の面倒を見られないことが多いんです。真木さんにとっては不本意かもしれませんが、“別れても、あなたはパパ!”と緊急招集をかけているんでしょう」(前出・芸能関係者)

 

一昨年、本誌は2人がファミレスで繰り広げる“夫婦ゲンカ”を目撃していた。妻に代わって“主夫”を務める片山が、「俺だって仕事あるしさー。大変なんだよ!」と真木に詰め寄っていたのだ。

 

「離婚して、片山さんはあらためて家族のよさに気付いたんですかね(苦笑)。別れる前からよう子さんを支えていれば……」(真木の知人)

 

両親が揃ったことが嬉しかったのか、長女は右へ左へとジャンプしていた。今年も仕事の予定がいっぱいの真木。元夫への招集指令は今回だけでは終わらなさそう?