image

「恋は直感を大事にします。フィーリングが合うのがいちばん。第一印象でほぼ決まりますね。素直で、まわりに気が遣える人がいい。さらに言うと、頑張っている女性は素敵だと思いますね。自分自身も刺激がもらえるから」

 

こう語るのは、映画『植物図鑑 運命の恋 ひろいました』で、ピュアなラブストーリーに挑戦した岩田剛典(27)。ヒロイン(高畑充希)の家の前に突然現れ、「拾ってくれませんか?」と子犬のように家に住み着く青年・樹を演じている。

 

「僕は、知らない人を家に入れるなんて絶対イヤ(笑)。よほど気が合わないと、人と一緒には暮らせない」

 

そう首をふるガンちゃんだが、自分の生きる道を探るために家を出た樹には、共感する部分もあったという。

 

「育ってきた環境から飛び出して、自分で人生を切り開いていきたいと思うところ、夢を追いかける気持ちなんかは、僕自身も実際に経験したことだったので。本を読んでいて、そういった心情は理解できるなぁと思ってやっていました」

 

アーティスト活動のかたわら、俳優としても着々と成長を続けている。エンターティナーとして、これから目指すところとは?

 

「イメージを固定したくないんです。自分の表現として、いろんな表情を見せられる人でありたいし、いい意味で、見る人の期待を裏切っていけるような作品に出演していけたらいいなと思いますね」