image

「ロケで軍艦島に行ったとき、建物が生きているような怖さと魅力を感じました。今まで感じたことのない、島の持つ不思議でエネルギッシュなパワーも感じました。ヘリでスカイツリーの上空を飛んだり、激しいアクションシーンもありました」

 

そう語るのは、ドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』(フジテレビ系、6月25・26日21時〜)で主人公・鳴海大和を演じる、福士蒼汰(23)。「お前の父親が三億円事件の犯人だ」と告げられ、事件について調べ始める鳴海が、事件を追ううちに、ある殺人事件の容疑者となり指名手配され、逃亡を余儀なくされるストーリーだ。

 

そんな福士くんに、もし、3億円あったらどう使うか聞いてみた。

 

「半分は貯金して、半分は自由に使います。全額使わないといけないのなら、映画を作ってみたいです。ラブありアクションありの作品がいいです。3億円あったらCGもたくさん使えますよね(笑)」

 

目をキラキラさせて答えてくれた福士くん。それでは、と自作映画の恋の相手役には、年上女性と年下女性のどちらがいいかを聞いてみると……。

 

「うーん、まだ決まっていないですからね……」

 

ちなみに『女性自身』は年上のお姉さま読者が多いです!

 

「人生経験が豊富な年上の女性は、一緒にいるだけで自分も成長できる気がします。ふだんは落ち着いているのに、ふと女のコみたいなかわいい部分を見せてくれると、キュンときちゃうと思います」

 

23歳になっても、福士くんがまとうピュアな空気感は健在。最近は色気も増してきて、“永遠の好青年”がますますパワーアップ中です!

関連タグ: