image

「歩いていて声を掛けてもらえる機会が増えたので、認知度がいっきに上がったんだなと思いました」

 

こう語るのは、映画やテレビドラマの脇役で存在感を発揮してきた前野朋哉(30)。ちらっと見たときの年齢不詳な感じ、とぼけた表情に下がり眉、そして優しそうな雰囲気。今回、auのシリーズCMで一寸法師役に大抜擢され、一気に注目が集まった。

 

「でも、みんな『前野さん』ではなく、『一寸?』って。あとは『一寸法師ですよね?』って。だから『あ、ハイ』って返事をします(笑)。うれしいという気持ちと、見ている人がいるからちゃんとしなきゃと思うようになりました」

 

現在30歳だが、その風貌から若く見られることが多かった。

 

「25歳くらいから、年齢不詳とちょくちょくいわれるようになりました。だから実年齢よりも下の高校生役を演じることも多くて。でも、ここ最近は、ちょっと頭がハゲてきたこともあって老けて見られることが多くなってきました。でも、頭が薄いのは受け入れているので大丈夫です(笑)」

 

妻は大学時代の同級生で6年の遠距離恋愛を経て’14年に結婚。パパになったのは’15年2月。特にオフィシャルで発表はしていないそうだが……。

 

「誰も興味がないかなと思って。『子供ができました!』と公表して、経済がよくなったりするならしますけど、『へぇー、そうなんだ』で終わるじゃないですか。言ったところで、その反応に僕が傷つくだけだと思っていたので」

 

と、自虐的な返事が……。今回の一寸法師を演じたCMを見たお子さんの反応は?

 

「この前、偶然にCMが流れたので、どうするんだろうと様子を見ていたんですけど、ちらっと見ただけで、もくもくとご飯を食べていました(笑)」

 

お子さんもパパと同じで、いい味を出しているよう。“一寸”と呼ばれ愛される前野の飛躍は、まだ始まったばかりだ!

関連タグ: