image

23日に強姦致傷容疑で逮捕された俳優の高畑裕太容疑者(22)の母親で女優の高畑淳子(61)が26日午前、都内で会見を行い、「この度は大変なご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございません」と謝罪した。

 

黒に白のストライプが入ったワンピースで報道陣の前に現れた高畑は憔悴した様子だった。25日に前橋署で裕太容疑者と接見したが、それまでは「何が起こっているか分からなかった。皆さまが見ているのと同じ報道に頼るしかなかった」と話した。

 

「(息子には)外の様子が全く分からないので、どれだけの方に迷惑をかけたかの報告をしました」と接見を振り返った。裕太容疑者は「何度も泣いたのか目が腫れあがっていて、震えて泣いている様子だった」という。

 

会見ではたびたび裕太容疑者の素行について質問が及んだ。「規律を守れない危うさがありました。細かいことになりますが、学生のころから遅刻や、帰宅する時間とか。学校での授業態度など規範をちゃんとできないところです」と語り、子育てについては「自分なりに精一杯やったつもりですが、育て方がいけなかった」と反省の言葉を述べた。

 

産後の体力低下を感じながら復職を果たした高畑。そんななかでも子供に愛情を注ぐことは怠らなかった。

 

自身の仕事にも影響が及ぶなか、来月からは主演舞台『雪まろげ』の上演を控えている。「私が舞台に立ってはいけないのではないでしょうか」と主催者にお伺いを立てたことを明かし、主催者からは「高畑さんは舞台に立たなければいけない。1万人の人が切符を買っている」と説得されたといい、「この状態でお芝居をやるのは自信がないですが、舞台に立って今年いっぱい地方の方にも舞台をお見せするのが私の贖罪(しょくざい)だと思っています」と語った。

関連タグ: