image

「突然、ファンの方からたくさんのお電話がかかってきたんです。半分は『おめでとうございます!』というものでしたが、半分は『嘘でしょ。あの人は有吉くんの相手じゃない!』というものでした。それで初めて報道を知り、本当にびっくりしているところなんです」

 

困惑しながらそう語るのは、有吉弘行(42)の母・きみさん(73)だ。

 

8月24日に日刊スポーツが伝えた有吉と夏目三久アナ(32)の熱愛・妊娠報道。2人はバラエティ番組『怒り新党』(テレビ朝日系)での共演をきっかけに、交際へ発展。夏目は妊娠しており、来年3月までには司会を務めている情報番組『あさチャン』を降板するという衝撃的な内容だった。

 

そんな“デキ婚”報道を受けてすぐさま各方面から驚きと祝福の声があがったが、双方の所属事務所は「事実無根」としてこの記事を完全否定している。また有吉も8月24日、自身のTwitterで《これを狐につままれたような気分というのか……》とつぶやいていた。しかし同紙はその翌日も「年内結婚へ」と強気の報道。夏目の事務所は「法的措置も辞さない」との構えを見せているという。

 

いったいどちらが本当なのだろうか。そこで、本誌は広島県にある有吉の実家を訪れた。すると母・きみさんは、記者が持っていた「年内結婚」の記事をまじまじと見つめながらこう語る。

 

「私は、信用できないです。だって弘行からは、何の連絡もありませんから。本当に結婚するなら私に絶対何か言ってくると思います。それにあの子、8月初旬にお父さんの法事で帰省していたんです。でも、そのときも何も言っていませんでした」

 

さらに、母はこんな“陰謀論”についても勘ぐっていた。

 

「でも、もし彼女が本当に妊娠されているんだとしたら、誰かお相手がいるんですよね。本当はすごいお相手がいるけど、あの子を親ということにして隠れ蓑にしているんじゃないかとか……。もう、いろいろ考え込んでしまいます」

関連タグ: