image

 

秋晴れとなった11月4日の午後。手をつないで歩く母子の姿があった。ロングスカートに白シャツというママは、山田優(32)。傍らにいるのは2歳になったばかりの長女だ。

 

山田といえば、今年9月に第2子を妊娠したことを発表。あれから2カ月、安定期になったそのお腹は少し目立ち始めている。そんな身重の体をおして、彼女は長女が通うインターナショナルスクールへお迎えに来ていたのだ。

 

「娘さんは2歳になる前から通っているので、山田さんはママ友たちとも打ち解けていますね。外国人のママもいるのですが、彼女は英語で会話もできるみたい。送り迎えもほとんど欠かしたことがありませんし、いつも一生懸命だと評判ですよ」(ママ友の1人)

 

月謝が15万円以上もかかるセレブインターだけあってスクールの前には、お迎えに来たママたちの高級外車が並ぶことも。だがそんな中でも、山田の奮闘は際立っていた。

 

10月下旬の朝、いつものように長女をインターへ送り届けた山田。だが他のママのように車ではなく、電動アシスト自転車!国産のママチャリタイプで、子供2人同乗にも対応。産まれてくる子どものことを考えてか、早くも3人乗りママチャリを買っちゃったようだ。

 

「山田さんの家の周りには入り組んだ路地もあるので、自転車のほうが便利な場合も多いんです。小回りが利くから近所のスーパーに行くときも楽ちん。セレブさを重視するママも多いですが、実用性を考えると自転車のほうが動きやすいのでしょうね」(近所の住民)

 

冒頭のシーンを目撃した日も、山田は長女が描いた絵や赤いリュックを持って歩いていた。向かった先は、近所の喫茶店。そこで30分ほど時間をつぶしていたところ、1人の男性が合流した。キャップをかぶりダウンジャケット姿で現れたのは、夫の小栗旬(33)だった。

 

「仕事明けで寝起きだったのか、小栗さんの髪はボサボサでひげも生えていました。でも長女はパパがやって来たことが嬉しいようで、ずっと話しかけていました」(居合わせた客)

 

来年には、4人家族になる山田。身重でママ奮闘を続けながらも、間もなくやってくる第2子との対面を心待ちにしていることだろう――。

関連タグ: