image

 

モデルの水原希子(26)が、自身が披露した“ツインテール”姿への批判に、Twitterで反論して話題となっている。

 

きっかけは、水原が出演中のドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)だ。水原は草なぎ剛(42)演じる詐欺師の相棒という役どころであり、1月24日放送の第3話では、詐欺師の“変装”としてツインテールの髪型とミニスカート姿を披露するといった一幕があった。

 

水原が披露したツインテール姿に対し、一部ネットメディアが「一部の視聴者から疑問の声が挙がっている」と報じた。同記事では独自アンケート調査の結果を掲載し、「ツインテール姿の女性が好きではない」と答えた人の割合が75.9%であったことから、「世間的にも男子受けの悪い結果となった」と結論づけている。

 

この記事に、水原自身がTwitterで反論。《ツインテール姿の女性を男性が好きじゃない割合が8割。それで私のツインテール姿が厳しいと。この見解って、おかしくない? 何で男性が好きじゃなかったら、それが基準になるの? 不思議。現実はまだまだ厳しいですね》《男ウケとかモテとか私の中にはないです。男ウケする為に見た目を変えた所で、結局は中身が大事だと思う》と投稿した。

 

水原のTwitterには、《好みはみんな一緒じゃないから、“男ウケ”なんてない》といった共感の声や、《希子ちゃんは自分を貫き通して!》といった水原へのエールが寄せられている。

関連タグ: