image

 

ダウンタウンの松本人志(53)が5日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、和田アキ子(66)による生放送での電話強要パワハラ騒動について言及した。

 

和田のパワハラ騒動の発端は、1月22日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で活動自粛を発表したお笑い芸人・狩野英孝(34)のニュースを取り上げたときのこと。突然、和田が「おい出川、ちょっと狩野に電話して出たら、どんな気持ちか聞いてみぃや」と、番組準レギュラーのタレント・出川哲朗(52)にその場で狩野へ電話するようすすめた。このやり取りに、ネットでは《何様?》《パワハラだ!》などという批判の声が続出する一方、《飲み会のノリ?》などとたしなめる声も上がり騒動となった。

 

この騒動について、この日ゲスト出演したお笑い芸人・小籔千豊(43)は「出川さんが、たぶん一番嫌がってるんちゃうかなと思うんですよね。騒動になってることが。出川さんがもしも、あれをパワハラだと受けて、嫌だったら『アッコにおまかせ!』に出なかったらいいですし、アッコさんを訴えればいい話で。もう、あれ(一連の騒動は)『パワハラだ』ってネットで騒ぐハラスメントちゃいます?ネトハラなのかわかりませんけど……。この(一連の騒動の)中でハラスメントがあるとしたら、出川さんとアッコさんを責めている人たちのハラスメントの方がキツいような気がしますけどね」とコメント。

 

それを受けて、松本は「パワハラでしょ」と前置きし次のように語った。

 

「ただ、パワハラダメなんですか?ボクは職場とか学校でのパワハラのことは、よくわかんないですけど。芸能界において、バラエティにおいて、パワハラってある種、必要悪なんですよ。こうやって言われるかもしれないけど、ボクはアッコさんのパワハラ好きだし、ボクは嫌な気しないし。こうやって叩かれて、損してんのはパワハラしたアッコさんで、された方は言わば得してるわけじゃないですか。結局、逆転現象が起こってて……」

 

そして、松本は芸能界をジャングルにたとえ、「芸能界はジャングルみたいなもんですから、いろんな動物がいっぱいいますよ。和田アキ子なんて、あんなもんゴリラですから。存在がパワーなんですから、そのパワーをやめてくれって言われたってさ。あれをやめろって言うたって無理なわけで」と持論を展開。

 

「でも、哲ちゃんはパワハラだと思ってると思いますけどね。ここは難しいところなんですよ。その哲ちゃんはたぶん嫌な気はしていないですよ。でもパワハラは、たぶんパワハラなんですよ。いいパワハラが来たってことなんですよ。で、“わ、パワハラやな。いややな”という顔してんのは、若干、演技なんですけど。パワハラなんですよ(笑)」と述べ、出演者の笑いを誘った。

関連タグ: