image

 

2月24日、三月大歌舞伎(歌舞伎座)を前にした囲み取材に応じた市川海老蔵(39)。彼はがん闘病中の妻・小林麻央(34)について、こう語っていた。

 

「放射線治療はたいへんだけど、後遺症から抜け出してきています。体調との話し合いです。麻央は真面目で一生懸命だから……。僕としてはもうちょっとゆっくりと時間をかけて治してほしい」

 

そんな海老蔵の思いが、麻央にとって心の支えとなっている。

 

「海老蔵さんは多忙な日々のなか、いつも麻央さんのことを考えてきました。酵素風呂がいいと聞けば自作し、新治療法があると聞けばすぐさま駆け付けたり……」(芸能関係者)

 

この日、麻央が訪れたのは、都内にあるクリニックだった。本誌は2月初旬に水素温熱療法で知られるクリニックへ通う麻央を目撃している。だが今回訪れたのは、そことは別。また新たな治療を始めていたようだ。

 

今回のクリニックは「リンパ浮腫外来」をもうけている。リンパ浮腫とは、がん治療後に出てくることのある“むくみ”のこと。ブレストピア宮崎病院の柏葉匡寛副院長が言う。

 

「手術などでリンパ管の流れが悪くなると、むくみが出てくることがあります。そして症状が進むと皮膚が線維化したり、変形して硬くなったりしてしまうのです。一度、リンパ浮腫になるとなかなか元に戻りません。そのため、早めのケアをする必要があります」

 

完全予約制で、海外のメソッドを採用。リンパマッサージや理学療法を組み合わせて症状を緩和し、浮腫の予防や生活の質の向上に役立てることができるという。麻央はこの日ブログで《わっはっはー、と、笑いながら採血》と綴っている。アップされた写真は、手の甲と手首に採血後の絆創膏を貼った姿だった。柏葉先生は、それを踏まえてこう解説する。

 

「手の甲で採血しているようですが、写真を見る限り、それほど急激に症状が悪くなっている印象はありません。治療以外のセルフケアとして、リンパ球数確認のために採血されるケースもあります。ですから麻央さんもリンパ浮腫が出ているというよりは、ご自身の免疫状態をチェックされていたのではないでしょうか」

関連タグ: